遠隔診療でバイアグラの処方がより便利に

短期集中の効果を求める方々には向いているバイアグラ

現代はEDの症状に悩む男性が増加傾向にあり、バイアグラをはじめとするED治療薬の需要は高まっています。
京都でも人気の高い治療薬であるバイアグラの使用と処方に関して紹介していきますのでご覧下さい。

行為に際して服用する薬剤は、それぞれ持続時間に関する違いがあります。
かなり長く効果が続く薬剤もあれば、その逆もある訳です。
ところでバイアグラの場合は、どちらかと言えば時間は短めなタイプと言えます。
なぜなら効果は4時間程度になるからです。

そもそも性行為に際して服用する薬は、何もバイアグラだけではありません。
他にも沢山の薬はあるのですが、中にはかなり持続時間が長めなタイプがあります。

例えばある薬剤の場合は、実に持続時間が12時間程度になるのです。
12時間というのは比較的長い方ですが、バイアグラはそれと比べると、3分の1と言う計算にはなるでしょう。
時間が短い点は、この薬剤の特長の1つとは言えるのです。

しかしその分だけ、効果がそれなりに高めな一面があります。
行為の際には、できるだけ短時間集中で頑張りたいと思う事もあるでしょう。
長い時間でゆっくり楽しむというよりは、バイアグラは短期集中で楽しみたい方々向けの薬剤と言える訳です。

バイアグラを試してみたい、となった際に気になるのは、どのようにして処方してもらうかです。
バイアグラを京都で処方してもらうには、専門の病院まで行って診察を受ける必要があります。
しかし現在は、便利なインターネット上での診断である「遠隔診療」も登場していますので、京都でも病院までのアクセスが悪い方や、忙しくて行く時間が無い方も、自宅でEDの診断を受けることができるのです。

購入前に知っておきたい。バイアグラとシアリスの違い

バイアグラとシアリスは、効果的に勃起不全を治療する薬として知られています。
両者とも、ペニスの筋肉をリラックスさせることにより、流れてくる血液の量を増加させ、勃起を促進させるという働きをします。
ここでは京都でED治療薬の購入を検討されている方が購入前に知っておきたい違いについてあげていきます。

・即効性と効果の発現時間
バイアグラはシアリスよりも即効性があり、服用後30分ほどで効果が表れるのに対し、シアリスは2~3時間かかります。
効果の発現時間に関しては、バイアグラの方が短く最大8時間なのに対し、シアリスは最大36時間までとされています。

・服用の仕方
バイアグラは空腹時に服用します。食中、食直後に飲むと効果が半減してしまいます。
これに対し、シアリスは食事の影響を受けにくいとされていますが、食事をした場合は食後2時間以降の服用がおすすめです。

・値段
バイアグラが1錠1000円~1500円なのに対し、シアリスは1錠1700,1800円と高めになります。

・副作用
バイアグラの方が副作用が出やいようです。
目の充血、ほてり、頭痛や動悸などで、服用した9割以上の方がこういった副作用を経験すると言われています。
シアリスにも同じよな副作用が知られていますが、その出方も弱めで、3割程度の方に現れるようです。

・有効成分
バイアグラの有効成分は、シルデナフィルクエン酸塩です。
通常青いひし形の錠剤ですが、ジェネリックでは、丸い形状だったり色が白だったりします。
一方シアリスはタダラフィルを有効成分する、黄色いアーモンド形の錠剤です。

購入前はそれぞれの違いをよく把握し、迷ったら京都のお近くにあるクリニックで医師や専門家への相談がベストです。